マカオで最もお勧めしたいカジノランキングTOP4

「罪の街」として知られるラスベガスは、ギャンブル映画のアイコンとなっていますよね。アメリカにあるからでしょうか?そうかもしれませんが、カジノ、ポーカー、ルーレットなどのゲームの長い歴史を誇る、この巨大なギャンブルの街を見くびってはいけません。

がしかし、欧米諸国の人々の大半は、世界最大のギャンブルの街がどこなのかを知らないようです…。実は、世界最大のギャンブルの街は、中国のギャンブル中心地「マカオ」なんです!そこで、今回の記事では、マカオにある世界最大級カジノについてご紹介したいと思います。

さてここで余談ではありますが、ギャンブル産業がなぜこれほどリッチなのか、なぜあらゆるカジノが高価な資材で作られ、なるべくゴージャスな施設が作られるのかは、きっと皆さんご存じだと思います。ギャンブル産業を行き交う巨額のお金こそがその理由で、現代の多くのカジノ施設は通常、巨大でリッチなリゾートの中にあり、そこを訪れる人々は様々なエンタメを楽しむことができるのです。

では話を戻して、以下にて、おすすめのマカオにあるカジノを4つご紹介していきます。是非チェックしてみてくださいね!

ウィン・マカオ

ウィン・マカオは、アジアで3番目に大きなカジノです。なかなか上位ですよね?その面積はなんと273,000平方フィートも誇っています。同ランキングにある他のカジノと同様に、フォーブス誌が選んだ5つ星カジノに8度選出されています。

シティー・オブ・ドリームス・マカオ

かの有名なザ・ベネチアン・マカオ(後ほど紹介します)のちょうど向かいに位置する、こちらのカジノは、メルコリゾーツ&エンターテインメント Belle Corporationが所有しています。なんとウィン・マカオよりも大きく、その面積は420,000平方フィートに及びます。

同リゾート内には、3つのカジノ場があります。3つすべてのカジノを合わせると、合計で450のテーブルゲームがあり、複数のVIPエリアと1500台のスロットマシンを有しています。このような大規模リゾートには、当然ながら、ホテル、スパ、ショッピング施設、バー、レストラン、ナイトクラブが併設されています。

ザ・ベネチアン・マカオ

さて、上記2つのカジノリゾートはまだルーキーです。という冗談はさておき、ザ・ベネチアンは驚愕の105,000平方フィートで群を抜いています。世界最大のカジノには一歩及ぼませんが、アジアの中では2番目の広さです。

ちなみにですが、世界最大の称号を手にしているのは、どのカジノリゾートなのか気になりますか?それはウィンスター・ワールド・カジノで、アメリカのオクラホマにあります。その敷地は約600,000平方フィートです。

サンズ・マカオ

サンズ・マカオは、同ランキングの他のカジノと比べると、“たったの“229,000平方フィートというサイズですが、アジアで5番目の広さを誇ります。1000台以上のスロットマシンと200台のゲームテーブルが揃っており、好みがうるさいことを自認する人にもおそらく十分でしょう。この素晴らしい建物を一目見てもらえれば、きっと行きたくなること間違いなしです。

このカジノが他と違うのは、なんと「劇場」が併設されている点です。皆さんは、カジノリゾートに劇場を組み込むのはいいアイデアだと思いますか?鑑賞が好きな人には、嬉しいポイントかと思います。

以上いかがでしたか?今度、マカオを訪れる際には、ぜひアジア一のカジノ街を満喫してみてくださいね!

Liked Liked